キューブ

BIに関連する用語を収録、解説したBI用語集です。

キューブ

(英:cube
(別名:多次元データベース
キューブとは、OLAPで操作対象となる多次元データベースの事である。
DWH(データウェアハウス)から取り出したデータをもとに、OLAPサーバ(SSASなど)上に作成されるデータマートである。

基本的に、MOLAPで作成される多次元データベースの事を指すが、ROLAPリレーショナルデータベースへの問い合わせ結果として生成される擬似的な多次元データベースのことも指す。

複数のディメンション(分析の切り口)とメジャー(集計対象となる値)のセットとして定義される。
ディメンションの組み合わせや、ディメンション内の階層を変えることで、データ内の関係性や変化などを直感的に理解することが出来る。

多くの場合、ユーザーはBIツールによってキューブを操作・参照する。
なお、多次元データベースのデータの格納単位を表す言葉として「キューブ」が使われることもある。

キューブの操作に関しては、こちらの説明をご覧ください。

NovaView®ではMicrosoft SSASのキューブに直接接続することが可能です。


NovaView® お問い合わせ
【NovaView®公式サイト】をご覧の皆様
BIのことならNovaView® 。使いやすく高速なBIツールをお探しの企業様、WebブラウザだけでなくExcelを使って分析などを行いたい企業様に最適なビジネスインテリジェンス(business intelligence)のツールです。世界30ヶ国1,500社以上の企業で採用されています。
グレー三角印BI用語集のトップへ戻る
NECTO 体験サイト NovaView® お問い合わせ
PanoramaパートナーMicrosoft Microsoft Gold Partner Microsoft Pinpoint
ビジネスパートナー企業募集中!! BI用語集コーナー 医療機関様向け 未収金分析スタータープランをリリース!
NovaViewロゴ business intelligence(BI)を
お考えならNovaView®
ビジネスインテリジェンスのTEC NovaView® 日本語版 は、
株式会社日本テクニクスにより提供されています。