MOLAP

BIに関連する用語を収録、解説したBI用語集です。

MOLAP

(英:Multi dimensional OnLine Analytical Processing
MOLAPとは、OLAPによるデータの分析の方法である。
データベースに格納されたデータから、あらかじめ集計値をバッチ処理で計算し、多次元データベース(キューブ)として格納しておく。
ユーザーの操作要求に応じて、その多次元データベースから集計済データを取りだし、参照・利用する。
ROLAPと異なり、集計値を多次元データベースとして格納するためのバッチ処理が必要である。
ROLAPと比べての利点としては、ユーザー操作に対するレスポンスが圧倒的に早い事や、複雑な多次元モデルに対応しやすい事が挙げられる。
ROLAPと比べての欠点としては、多次元データベースという、従来からのリレーショナルデータベースとは異なる知識が必要となることや、多次元データベースのメーカー間の互換性が無い事が挙げられる。
また、データベース内のデータを、直接検索・集計するわけではないので、データのリアルタイム性では劣る。その他、分析内容によっては、多次元データベースに大量の集計値データが作られることにも留意する必要がある。

NovaView® お問い合わせ
【NovaView®公式サイト】をご覧の皆様
BIのことならNovaView® 。使いやすく高速なBIツールをお探しの企業様、WebブラウザだけでなくExcelを使って分析などを行いたい企業様に最適なビジネスインテリジェンス(business intelligence)のツールです。世界30ヶ国1,500社以上の企業で採用されています。
グレー三角印BI用語集のトップへ戻る
NECTO 体験サイト NovaView® お問い合わせ
PanoramaパートナーMicrosoft Microsoft Gold Partner Microsoft Pinpoint
ビジネスパートナー企業募集中!! BI用語集コーナー 医療機関様向け 未収金分析スタータープランをリリース!
NovaViewロゴ business intelligence(BI)を
お考えならNovaView®
ビジネスインテリジェンスのTEC NovaView® 日本語版 は、
株式会社日本テクニクスにより提供されています。