OLAP

BIに関連する用語を収録、解説したBI用語集です。

OLAP

(英:OnLine Analytical Processing
(読み方:オンライン・アナリティカル・プロセシング
(別名:オンライン分析処理多次元分析
OLAPとは、データベースからデータを取り出し、多次元的な分析を行う処理のことである。
Panorama Softwareが開発し、1996年にMicrosoft社に売却したデータディスカバリ技術。高度な分析を行う、「what if」シナリオを計画する、帳票を無制限に表示する機能など多くの機能がある。
BIにおける代表的な分析手法である。
リレーショナル・データベースを利用したROLAPと、多次元データベース(キューブ)を利用したMOLAPに大別される。
両者の中間的立場であるHOLAPもある。
キューブROLAPで生成される、擬似的な多次元データベースも含む)に対して、ドリリングスライシングダイシングといった方法で操作し、分析を行う。
代表的なOLAPサーバとして、SSASが知られる(なお、SSASは、ROLAPMOLAPHOLAPの中から任意の動作モードを選択する事が出来る)。

BIシステムは、専ら、こうしたOLAPサーバに、BIツールPanorama NovaViewなど)を組み合わせ、ユーザーのニーズに合わせたインターフェースや機能を追加する形で構築される。

NovaView® お問い合わせ
【NovaView®公式サイト】をご覧の皆様
BIのことならNovaView® 。使いやすく高速なBIツールをお探しの企業様、WebブラウザだけでなくExcelを使って分析などを行いたい企業様に最適なビジネスインテリジェンス(business intelligence)のツールです。世界30ヶ国1,500社以上の企業で採用されています。
グレー三角印BI用語集のトップへ戻る
NECTO 体験サイト NovaView® お問い合わせ
PanoramaパートナーMicrosoft Microsoft Gold Partner Microsoft Pinpoint
ビジネスパートナー企業募集中!! BI用語集コーナー 医療機関様向け 未収金分析スタータープランをリリース!
NovaViewロゴ business intelligence(BI)を
お考えならNovaView®
ビジネスインテリジェンスのTEC NovaView® 日本語版 は、
株式会社日本テクニクスにより提供されています。