ROLAP

BIに関連する用語を収録、解説したBI用語集です。

ROLAP

(英:Relational OnLine Analytical Processing
ROLAPとは、OLAPによるデータの分析の方法である。
ユーザーの操作要求に応じて、リレーショナルデータベースに格納されたデータを直接検索・集計し、その結果を擬似的な多次元データベース(キューブ)として参照・利用する。
MOLAPと異なり、集計値を多次元データベースとしてあらかじめ格納しないので、そのためのバッチ処理は不要である。
MOLAPと比べての利点としては、従来からあるリレーショナルデータベース技術を用いるため、メーカー間の互換性の問題が少なく、また技術的に比較的理解が容易であることが挙げられる。
また、データベース内のデータを、そのときの要求に応じて直接検索・集計するため、リアルタイムなデータを分析できる。
MOLAPと比べての欠点としては、ユーザー操作に対するレスポンスが大きく劣ることが挙げられる。
また、従来からのリレーショナルデータベース技術が基盤となっているため、複雑な多次元モデルに対応しづらく、MOLAPには無い制約や、それを解決するための設計(データ補完など)について考慮しないといけない場合がある。

NovaView® お問い合わせ
【NovaView®公式サイト】をご覧の皆様
BIのことならNovaView® 。使いやすく高速なBIツールをお探しの企業様、WebブラウザだけでなくExcelを使って分析などを行いたい企業様に最適なビジネスインテリジェンス(business intelligence)のツールです。世界30ヶ国1,500社以上の企業で採用されています。
グレー三角印BI用語集のトップへ戻る
NECTO 体験サイト NovaView® お問い合わせ
PanoramaパートナーMicrosoft Microsoft Gold Partner Microsoft Pinpoint
ビジネスパートナー企業募集中!! BI用語集コーナー 医療機関様向け 未収金分析スタータープランをリリース!
NovaViewロゴ business intelligence(BI)を
お考えならNovaView®
ビジネスインテリジェンスのTEC NovaView® 日本語版 は、
株式会社日本テクニクスにより提供されています。