セルフサービスBI

BIに関連する用語を収録、解説したBI用語集です。

セルフサービスBI

(英:self service BI
セルフサービスBIとは、Microsoftが提唱する、BIの形態である。
ExcelのアドインであるPowerPivotを使うことにより、データベース(OLAPサーバ)上ではなく、Excelブック上に多次元データベース(キューブ)を作り、分析に使用する。
従来のBIでは不可避だった、システム部門の各種負担や、分析担当者の意図したキューブが作られない事態を解消する。
大幅なコスト削減、分析の費用対効果向上を見込める。

システムアナリストとしての経験やコンピュータサイエンスの知識を持たない業務ユーザーが、データソースにアクセスして分析を実行できるBIシステム。ユーザーはBIプラットフォーム上で、データにアクセスし、データのプロファイル(統計情報)を取得し、対象データの作成を準備し、統合し、データのキュレーション(収集・評価・整理)を行い、データの内容や品質を向上させることができる。セルフサービスBIを成功させるには、BIツールは集中管理型のBIである必要があり、かつIT担当者がそれを監督しなければならない。

NovaView® お問い合わせ
【NovaView®公式サイト】をご覧の皆様
BIのことならNovaView® 。使いやすく高速なBIツールをお探しの企業様、WebブラウザだけでなくExcelを使って分析などを行いたい企業様に最適なビジネスインテリジェンス(business intelligence)のツールです。世界30ヶ国1,500社以上の企業で採用されています。
グレー三角印BI用語集のトップへ戻る
NECTO 体験サイト NovaView® お問い合わせ
PanoramaパートナーMicrosoft Microsoft Gold Partner Microsoft Pinpoint
ビジネスパートナー企業募集中!! BI用語集コーナー 医療機関様向け 未収金分析スタータープランをリリース!
NovaViewロゴ business intelligence(BI)を
お考えならNovaView®
ビジネスインテリジェンスのTEC NovaView® 日本語版 は、
株式会社日本テクニクスにより提供されています。